読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本「あなのあいたおけ」輪読会in小布施2days

こんにちは。

わもん財団・事務局です。

すっかり秋めいてきましたね。

食欲の秋♪ 美味し〜物がいっぱいの長野県で

一足早い小さい秋を見つけてきました。

 

大好きな町、長野県小布施町

人口12000人の小さな町です。

栗と林檎の町です。

f:id:wamonfoundation:20160930145555j:plain

写真は、ブルーベーリーの豆乳スムージー(笑)

りんごでも栗でもない!(笑)

 

f:id:wamonfoundation:20160930150240j:plain

新栗のモンブラン❤︎この季節ならでは。

朱雀という和菓子が超有名でこの時期、朝早くから並んで朱雀を食べに

小布施に観光客の方がいらっしゃいます。

朝早くから並ばなくても、新栗のモンブランなら食べれちゃいますよ〜♪

 

f:id:wamonfoundation:20160930150258j:plain

f:id:wamonfoundation:20160930150308j:plain

ナガノパープル❤︎

果物ばっかり(笑)

f:id:wamonfoundation:20160930150344j:plain

f:id:wamonfoundation:20160930150355j:plain

次は野菜!

秋って食べ物のこと?はい。そうです!

f:id:wamonfoundation:20160930150435j:plain

お昼は山の中の一軒家。おばちゃんがやってるお蕎麦やさん。

つるつるの食感はこれまで食べたお蕎麦とは全然違う!

田舎のおばあちゃん家に帰ってきたようなそんな気持ちになりますねぇ。

ブログの主旨が変わってきている気がする・・・

 

本題に戻して。

この小さな町でわもんは誕生しました。

やぶちゃんが今も小布施町の親善大使を続けておられるのは

その小布施町への恩返しの気持ちからです。

f:id:wamonfoundation:20160730190400j:plain

 

 

 

 

この小布施町には、もうひとつ。

 

f:id:wamonfoundation:20160830063528j:plain

絵本「あなのあいたおけ」に出版もとである文屋さんがあります。

栗農家と出版社。半農半業の本屋さん。

社長の木下さんはこのようにおっしゃっています。

「一年に出す本は一冊だけ。その代わり100年残る本を作る」

自分が納得できる本を丁寧に作り、出版されていることが

木下さんの言葉からあふれています。

絵本「あなのあいたおけ」にもそんな木下さんの思いが

たくさんたくさん込められています。

「子供だけでなく大人にも読める絵本を。」

ということで、この絵本には漢字が使われています。

子供達にはわかりやすいようにすべての漢字に

ふりがながふってある。

そんな優しさが滲みでる絵本だから、手にしているだけでも

幸せな気持ちになるのかもしれませんね。

 

この小布施町で輪読会を開催させていただけることを

と〜っても幸せに私は感じています。

この場を作ってくれた燕游舎のナカジと小布施わもん会の皆さんに

心から感謝いたします。

 

今回会場に使わせていただいたのは 小布施千年樹の里

樹の香りいっぱいのとってもいい所です。 

当日は、「さて?何人参加なんでしょうねぇ〜???」

「誰もわからないんです(笑)」

「いいですよぉ、なんとでもしますから〜」

なぁんて話していたら、いろんな方がお声かけ頂いたこともあり

20名のもの方が輪読会に参加くださいました。

絵本のことも、輪読会のことも知らず

友達に誘われたから・・・と、来て頂いた方から

この絵本は素晴らしい!!!世界中に届ける!と

熱い思いをお持ちの方まで様々な方と2時間を共に過ごしました。

f:id:wamonfoundation:20160930153846j:plain

f:id:wamonfoundation:20160930154020j:plain

 

f:id:wamonfoundation:20160930154046j:plain

いくつかグループに分かれて輪読と感想シェアをします。

 

この絵本に登場する人物・動物・おけ物(?)

それぞれに思いを馳せたり、自分と照らし合わせたり。

これだけ多くの方で読みあうと様々な意見が

い〜〜〜っぱい!!!なるほどねぇ〜!

と、目からウロコ!

みなさんに、何か新しい気づきを得ていただける。

それがとっても嬉しい時間なのです。

f:id:wamonfoundation:20160930154156j:plain

たくさんの方にご参加頂き、2時間では足らないほど、楽しい時間となりました!

 

この日は、台風16号の影響でお天気は恵の雨。

明日は晴れるかな?

 

f:id:wamonfoundation:20160930154409j:plain

 「栗は小布施で食べるのがいい♪」の私の一言に

翌朝に朝食に栗ご飯❤︎ さかえちゃ〜〜ん♪ ありがとう!!!

 

台風一過。翌日は、曇り。

輪読会ともうひとつ、私が楽しみにしていたのが

いつもお世話になっている「おぶせの風」のかぁちゃんこと

さかえちゃんと山へ出かけること。

「台風の影響できっと山の上は真っ白だよぉ〜。

行くだけ行ってみるけどね」と言うさかえちゃんの言葉を尻目に

「うん。それでもいいの。」と行く気満々で志賀高原へ。

やっぱり真っ白・・・な山道を進みながらも

「大丈夫〜〜〜〜♪」と思っていたら

f:id:wamonfoundation:20160930154812j:plain

途中で雲を突き抜けて陽がさすところへ到達。

眼下に雲海を眺めて爽快〜♪

f:id:wamonfoundation:20160930154859j:plain

「美香ちゃんの信じる力」とさかえちゃんは言ってましたが

執着しないことが結果を生む。ということをなんでしょうねぇ。

どんな環境もどんな状況もありのままを受け止めて楽しむ。

このことに尽きる。それを感じた時間でした。

 

自然は素晴らしい。

f:id:wamonfoundation:20160930154944j:plain

f:id:wamonfoundation:20160930155041j:plain

意図しなくても全てが完璧。琵琶池の周りを散策しながら感じた美しさ。

さかえちゃん、付き合ってくれてありがとう♪

紅葉を見にまた戻ってきたいなぁ〜

 

さてさて、夜は三日連続で輪読会。

この日、主催してくださったのは小布施にある「栗ヶ丘クリニック」の

荒井忠幸さん。このクリニック西洋医学と代替医療を併用している

とっても素敵なクリニックです。

ドクターのけいちゃんと旦那様のChuさんはわもんのお仲間。

そのご縁で今回クリニックでの開催をお声かけくださいました。

文屋さんともご近所さんです♪

f:id:wamonfoundation:20160930155159j:plain

 

f:id:wamonfoundation:20160930155230j:plain

この日にクリニックに診療に来られた方、急遽ご参加頂き

2日間続けて参加してくれた「フェルメール昭子」が場を盛り上げてくれて

何とも、深〜い気づきの連続の輪読会となりました。

自由に感じたことを感じたままに話す。

同じ文章を読んでもmそれぞれに感じることが違う。

だからこそ、自分の事もよくわかるし、誰かの事を

興味を持って接して、わかろうと思える。

昭子ちゃんに「今日も泊まって明日も輪読会をやって」

と、言っていただけたことが嬉しくも可笑しかった出来事でした。

f:id:wamonfoundation:20160930155302j:plain

 同じストーリーでもその時々で感じ方は変わるから

また、来させて頂きたいなぁと思います。

 

小布施での2日間、お世話になった

おぶせの風の北風パパとさかえちゃん

燕游舎のおっくんとナカジ

小布施わもん会の皆さん

栗ヶ丘クリニックの荒井先生ご夫妻

帰りに長野駅まで送ってくれたひろこちゃん

2日間盛り上げてくれた昭子ちゃん

そして、何よりもこのような素敵な機会を設ける事

ご縁をつないでくださった文屋の木下さんに

心からの感謝を込めて、ありがとうございました。

  

この絵本を持ってこれからも全国に

ラワットさんとやぶちゃんの思い、

そして私自身の思いも届けながら

いろんな方の心の触れに伺えたらと思っています。

 

あぁ〜〜、本当にありがたくって幸せぇ。

私に出逢ってくださったすべての方に感謝です。

さて、この後、終電で東京経由で次の日は

山口で輪読会です♪(遠いよぉ〜!)

f:id:wamonfoundation:20160930155403j:plain